FC2ブログ
-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-11-16 Fri
女×女の場合
以前、海外SMサイトをよく見ていた時期があった

SMを探求していくと、より一層深い刺激を求め続けていく例にもれず
その頃の僕も、より強い刺激を求めてサイトを彷徨い続けていた。

そしてその当時、僕が行き着いたのは女性同士のSMサイトだった。

「女性同士だから綺麗だ」という思いがあったわけではなかった
全く。

「レズビアン」というものにも興味があったわけでもなかった。

僕が惹きつけられたのは「立場の違い」が明確に感じられたからだった。

その頃の僕にとって、男性が女性に跪くことはもう当たり前になっていて、
そんな場面を見ても特に何かを感じることもなかったんだけれど、
それが女性同士になると、本来は同じ「女性」という立場のはずが、
決定的な身分の差やそうならざるを得ない事情があり、
「ひれ伏す女性を、もう一方が責めてる」という結果に結びついてるんだ、と思うとなんだかすごく興奮した

だからむしろ、責めてる相手に愛情を感じてるっぽい雰囲気には逆に冷めた。
女性同士の場合には、それはあくまで、ただの責めであって欲しかった。

「立場の違いを思い知らせてやる」的な精神性に
僕が強く強く惹きつけられるんだということを、自ら学んだきっかけだった



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
2007-11-12 Mon
コインランドリー
先日、お店の女装用のコスチュームやら下着やらを、
コインランドリーに持って行った時のこと。

洗濯がすっかり終わり、じゃあ次は乾燥機だ、と思って見渡すと、
全部の乾燥機が埋まってた。

皆が皆そろいも揃って乾燥機か、とちょっと呆れた気持ちで良く見ると、
どうやらもう乾燥終了してる機械がある。

持ち主が取りに来るのを待つか、どうするか一瞬の躊躇の後に僕は、そのコインランドリーに備え付けある洗濯カゴに、パサパサに乾燥したそのオッチャン(ゴムの弛んだトランクスやランニングシャツに、穴の空いた靴下まであった)の衣類を一つずつ指でつまんで放り込んだ

で、気持ち良く洗い上がったばかりの女装衣類をよく広げながら、
替わりに入れ、乾燥に必要なだけの料金を入れると、
とりあえずお店に戻った。

20分か30分ほどで乾燥は終わる。

僕はホカホカになった女装衣類を取りに再びコインランドリーに向かい、
乾燥機のフタを開けようとした。

中身がない…。

空っぽだった

えぇぇ?、と思って、備え付けの洗濯カゴを見ると、
まんまと女装衣類が入れられてた。
見事にオヤジの小汚げ(あくまで心理的に)な衣類と入れ替えられてた。

つまり、自分の慣れ親しんだパンツや靴下をカゴに取り出されたことに
何故か腹を立てたらしいオヤジに仕返しされたのだった。

なんだか静かな悪意を感じた。

気持ちが悪くなった。
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| Heaven's Door -魂の座- |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。