FC2ブログ
-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-05-11 Thu
一人寝
不意に、離ればなれの夜がやってきた。
部屋がガランと、広く感じる。
最初は面白がって見ていたテレビの音が神経に障る。
時間が、経っていくのが遅くてつらい。
「ちゃんとご飯食べるのよ」とあの人は言った。
あの人はいつも僕にそう言っていた。
「食欲ないもん」って言たりすると
「ダメ、ちゃんと食べなさい。命令ですよ」と。
僕の保護者。
僕は、いらない心配をさせないように言う。
「何か、買ってきますね」
そして、近くのスーパーで地味なお弁当と牛乳を買って来る。
牛乳をしまおうとして、冷蔵庫を開けた時、
あの人がすでに買っておいてくれた未開封の牛乳パックを発見した。
銘柄も一緒。あの人の想いが部屋に溢れているような気がして
泣きたいような気持ちになった。
寂しい気持ちが込み上げて、味があんまりわからないまま
お弁当を食べる。
変にぐったりして、すごく眠いような気がするけど
神経の芯の部分は鋭くてトゲトゲしたようになっていて、
今日はかなり眠れないだろうなと思う。
ご主人様の不在。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<つながり | Heaven's Door -魂の座- | ブログ開始です。>>
this comment
この記事のコメント
潤です、覚えて下さってたら嬉しいです。
取り巻く状況はどんどん変わっていっても、良きにつけ悪くにつけ“感性”って変わらないものなんでしょうね。そんなことを想いながら、かのかたの伝言された「Heaven's Door -魂の座-」を読ませてもらってます。サロンにお邪魔させてもらった時には美味しい一杯を飲ませて下さいね。
2006-05-12 Fri 22:43 | URL | 潤 #SFo5/nok[ 内容変更]
物覚えの悪い僕も、さすがに潤さんのことはきちんと記憶してますよ。
オタク心満載で始めたブログですが内容的にはまだまだ思ったように書けません。末永い目で見守っていただけたら嬉しいです。
来ていただけた時にはぜひ、ぎこちないバーテンぶりを笑ってください。
2006-05-13 Sat 00:32 | URL | 管理人 #B9eg5Lv6[ 内容変更]
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| Heaven's Door -魂の座- |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。