FC2ブログ
-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-05-06 Sun
ファンタジー体験
こないだ、人が抱える『ファンタジー』は底なしで
時には僕の理解を超えるって話を書いたんだけれど、
昨日は、そのファンタジーを実体験してしまった。

現在、お店の女王様が九条OS劇場に出演中なので
応援したい気分満載の僕は、ほぼ毎日のように劇場に
行っては楽屋につめかけ、ステージに参加したり、
一緒に賄いを食べたりしてる。
で、そんなことをしてると、他の楽屋のお姉さん達と
賄いを食べることもあるわけで、
先日書いた『ローション自縛』をやってる踊り子さんとも
ちょっとだけ顔馴染みになってしまった。

昨日いつものように客席でQ.E.Dの調教ショーが始まるまで
その前にやってるローション自縛ショーを見てると
前にも書いたとおり、『聖水タイム』が始まった。
いつものように、透明なボールの中にオシッコをして
また、いつものように「欲しい人は?」的にボールを差し出すと
手を上げたのは、たった一人。
「他にはいませんか?」的なアピールにも反応する人は現れず、
彼女がオシッコ入りのボールを手に、客席をグル?っと見回すと・・・
「ピッ」とばかりに僕とバッチリ目が合ってしまった。

一瞬ちょっとニヤっとして、そのボールを僕に差し出す。
僕は3秒くらい硬直してしまったんだけれど、
その永遠に近い3秒間の間に、前述のような事情とか、
参加する人が少ないと寂しいというパフォーマー側の心情とかが
頭の中を駆け巡り、結局OKしてしまった。

もう一人手を上げてたオッチャンが遠慮したのか、それとも
好意のつもりなのかわかんないんだけれど、
僕に回ってきたボールの中身は、けっこうたっぷり入ってて
すごく困惑しながらも、僕はそのボールに立ち向かった。

普段ステージでは声を出さない彼女が
「頑張れっ」と声をかけてくれるのが、すごく遠いところで
聞こえた気がした。

昨日の僕は、とても頑張ったと思う。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<刻印 | Heaven's Door -魂の座- | ホーク・アイ>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| Heaven's Door -魂の座- |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。